2006年04月30日

気持ち悪い…

夜更かしして早起きした日は
身体中を酷い倦怠感が襲う
posted by 葵日向 at 10:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・近況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月29日

別に気にならない葵のお気に入りサイト…

WebDesigning5月号に
気になる100人のお気に入りサイトというのがあって
面白そうだったからやってみることにしました

Q1.あなたの“お気に入りサイト”は?

左のBOOKMARKに列挙してあるの以外だと
pya!
 最近はあまり見てないけど、一時期すごくハマってた
 iPodのピクチャフォルダに猫画像がいっぱいですw
共有お絵かき掲示板
 かれこれ4年近く観てます
 たまに素晴らしい画があって感動したり…
Qooqle
 検索エンジン、入力途中でも候補が出るところが良い

Q2.ブックマークしてるサイトの数は、およそいくつ?

主に使っているSleipnir1.01のBOOKMARKが2246
整理したいと思いつつも増えすぎて少々難しい
2200あっても感覚で場所は覚えているので
特に困らない(人間の記憶力に感動)

Q3.あなたがブックマークを覗いてみたいと思う人は?

友人、好きな小説家・イラストレータなどなど
僕が少なからず関心のある人のBOOKMARKは
見てみたいと思うかな(その人をより理解できそうだし)
でも、見れたとしてもおそらく見ない気がする
posted by 葵日向 at 09:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 分類不能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

今週の図書館…

前回は不調で図書館にいけなかったので
実に1ヶ月ぶりの図書館でした
借りてきた本は以下の10冊

図解雑学 性格心理学
図解雑学 心理カウンセリング
世界の国歌
「完璧」はなぜ「完ぺき」と書くのか
カエルになった王子様
コンビニの雑学
コンビニ制覇ガイド
キャラクターデザインコレクション
世界の優れたWebsiteコレクション
Illustratorベーシック・レッスン

図解雑学の2冊はともに心理学関係
社会心理学を受講しているので
その予習というか復習というか
より理解度を深めるために借りました
そうじゃなくても普通に興味ある分野だしw

「世界の国歌」は歌詞集です
某眉毛国の国歌を探した所なくて
「欠陥品?」と思ってしまいましたが
実はスペインは世界でも稀な歌詞の無い国家だそうです
(非公式の歌詞はあるそうですが)
参考:世界の国歌 WORLD ANTHEM
上記サイトはMIDIも聴けるので
ドイツ→イタリアという聴き方もできますw
(フィンランドはなぜか無い)

「完璧…」は言葉の本
交ぜ書き語について書かれています
しかし再三、交ぜ書き後のことをグロテスク
と表現するのはどうかなぁと思ったり…
言葉の顔を見ることができる人なら
自分が記述した言葉がどんな顔をしてるかも
当然解るはずだし、それを考えると
ちょっと熱くなりすぎてるような気がしました
でも中盤から、「それはそれだけ熱心なんだ」と
微笑ましく思えてきたのでなかなか面白いです
(それまではちょっと印象が悪かった)

「カエル」は魔法や呪いで変身した(された)
物語の登場人物についての本です
(例えば、人魚姫とかローエングリンとか)

「コンビニ」の2冊は過去の記事にコメントがあり
今回、面白いのを見つけたので借りてきました
「雑学」の方はオフィシャルな情報ぽいです
データ集として使えるかと思います
「制覇ガイド」は各コンビニの取扱商品など
暮らしで役立つ情報が主ですね
テレビチャンピオンの方が執筆しています

「キャラデザ」はイメージマスコットなど
多くのキャラクタが載っています
ついつい、ドット絵を描きたくなりますw

「Website」は2001年11月発行なので
少々古いですが(WEBとしては致命的)
デザインの根底は同じだと思うので
得るものは大きいと考えました

「Illustrator」はCS、10用のテクニック集
持っているIllustratorは9.02なので
そのままでは使えないものもありますが
基本テクニックはほぼ同じなので
これを読んで腕を上げたいですね
posted by 葵日向 at 08:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

交通ルールについて少々…

書くと宣言してから1週間遅れ
すみません、impreza98殿…^^;
てことで、交通ルールについて少々

僕の住むA県は交通事故が多く
毎年、ワースト3に入る死亡者数です
某FMラジオ局では「Do!Safety」という
安全運転を呼びかけるキャンペーンをしてたり
方々で動きは見せているのですが
大きな変化は無いように感じています

例えば、横断歩道を歩行中
歩行者のすぐ横にまで車が寄ってきて
威圧感を与えるのは良くないでしょう
また、隙あればいつでも…とでも言うかのように
信号が変わると同時に急加速、コーナ突入で
歩行者の前を高速で横切るバスやタクシー
様々な交通安全運動がなされていても
彼らの意識に変化は無いようです
(ステッカを貼るなど外面上は参加していても)

このような危険な運転をする人って
実はすごく人を信頼しているんじゃないか
とも、最近思うようになりました
僕は高校時代に車にはねられたことがあるのですが
(幸い、かすり傷ですんだけど)
それ以来、過剰なまでに安全を確保するようにしています
言葉を変えれば、ドライバを信頼していません
現在の速度差なら横断可能だと思えるけど
もし、速度を上げたらはねられるな、とか
人通りの少ない路地裏だけど
もしかしたら誰か飛び出してくるかも、とか

そう思うと、ほとんど全ての危険を回避できます
(後ろから急に追突されるのでさえ、回避できるはず)
良い言葉で言えば、譲り合いの心
悪く言えば、信用できないから自分の身は自分で守る

逆に考えると、危険な運転をする人は
向こうが譲ってくれると無条件に思える人
他人を疑わない、信頼してしまう人なんじゃないでしょうか
(ただ単に、「絶対自分主義」なのかもしれないけど)
もし、一度でも事故にあってしまったら
そんな風には思えないのではないか、と思います
(ニアミスくらいはしてると思うけど、忘れてるのかな)

人は失敗からも得ることが多いです
交通安全にもそれが言えます
事故を起こさないように、幼少の頃から自動車学校でまで
口酸っぱく言われますが、どうしても無視しがち
事故を起こしてから、やっと気づくケースが
多いのではないでしょうか
(それでも気づかない人も中にはいるでしょうが…)
軽い傷害事故で気づければ、まだ良いですが
取り返しのつかないことになってから悔やんでも
それは遅すぎます
擬似的に事故の怖さを体験できるものがあれば
そうなる前に気づくことができるかもしれません
(言葉で学ぶよりも、身を持って知る方が解りやすい一例)
posted by 葵日向 at 08:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 思考・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

サンマリノGP決勝…

予選の申し子、音速の貴公子セナが
最も多くPPを獲ったサーキットであり
また唯一、予選落ちを喫したのも
その短い生涯を終えたのも、イモラ
そのイモラで、セナのPP記録を塗り替え
ティフォシ達を沸かせたミハエル
一方、チャンピオンシップを考え
「ここは表彰台(2位)で十分」と豪語する
若きチャンピオン、アロンソ
はたして、勝利は誰の手に?

【決勝結果バレあり】
posted by 葵日向 at 00:49| Comment(11) | TrackBack(21) | F-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月22日

サンマリノGPフリー走行&予選…

ティフォシと、そしてセナFANにとって
特別なサーキットであるイモラ
昨年のミハエルとアロンソのバトルは
1992年のモナコ、セナvsマンセルに匹敵する名レース
今年もフリー走行からミハエルとアロンソが
TOPタイムを出し合っていて、去年の続きが見られるかも?

【フリー走行】

井出は果敢に攻め続け、琢磨から1.1秒落ちのタイム
しかし、その代わり3回もスピンしてました
(また、誰かから文句言われそう)
井出のエンジニアはF-1経験無しだそうで
セットアップ面に関してハンディがあったみたい
(最近、やっと慣れ始めたらしいけど)
また、スーパーアグリは4年落ちのマシンベースということで
パワーアシストが他のマシンに比べて弱いらしいです
井出のマシンは若干、改良された型を入れたらしいですが
琢磨のマシンは他のマシンの6割程度なのでカナリ辛そう

ロズベルグがコースオフしてマシンを壊しました
予選ではスペアカーにエンジンを積み換えての出走

フリー走行結果は前評判通り
ミハエル、アロンソ、フィジケラ、マッサのTOP4
まず、ミハエルがTOPタイムを叩き出し
アロンソもセクタ1のベストを出しますが
前のマシンに捕まりタイムを出すには至りませんでした
でも、「もしも走りきったら?」という予感は残りました
しかし、フリー走行終了間際
ミハエルがセクタ1ベストを塗り替え
全セクタのベストタイムを保持
しかも、NEWタイヤを投入したとは考えられず
(フリー走行で3セットも使わないはず)
となると、中古タイヤでも十分速いフェラーリ
PP、優勝の確率がカナリ高そうです

M.シューマッハ   1分23秒787
F.アロンソ      1分24秒068
G.フィジケラ     1分24秒377
F.マッサ        1分24秒383
K.ライコネン     1分24秒626
R.シューマッハ   1分24秒667
J.バトン        1分24秒850
J.ヴィルヌーヴ   1分24秒916
C.クリエン      1分24秒984
V.リウッツィ     1分24秒994

鍵になるであろう点はタイヤ
この気温がベストマッチなのかどうか
もし、この気温が最適なのだとしたら
さらに気温が上がる予選、決勝が不安です
おそらくソフトであると考えられるBSフェラーリ
そして、タイヤに熱の入りやすいルノー
どちらも1発の速さは照明されました
それでは、耐久性ではどうでしょうか?
ロングランペースも良さそうでしたが
気温がさらに上がった時、どうなるか?
1つの注目点だと思います
【予選結果バレあります】
posted by 葵日向 at 23:46| Comment(3) | TrackBack(12) | F-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

CM強制視聴システム…

Philips、「CM強制視聴」システムの特許出願
(情報元:ITmedia News)

もし、この特許が通って各TV局&レコーダ会社が
これを導入したらと思うとぞっとしますね
TVは番組放映中でしかチャンネル切り替えができなくなるし
(放送終了後、次の番組まで延々とCMを見せられる羽目に)
VIDEOは早送りできないと、「必要な部分だけ見る」
という時間短縮が可能な利点がスポイルされます
そうなると、課金制であるCSに集中するんじゃないかなぁ?
(CSでもこのシステムが導入されたら最悪だけど)

まだ、特許も通ってないし実際に使われるかも解らないけど
最悪に備えて一度みんな考えてみた方がいいのではないでしょうか
(採用されたらきっとどこかで反対デモが起こると思う)
posted by 葵日向 at 00:08| Comment(2) | TrackBack(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

TOKYO、最終決戦っ?!

明日(21日)、3次(おそらく最終)面接のために
またまたTOKYOへと赴きます
就職活動でTOKYOに行くのは、これで5度目(6日間)
費用は約10万円(新幹線代)+約8000円(宿泊費)
ふ…、安いPCなら変えますね(TT)
(それなのに、観光時間はほぼ0って…)
posted by 葵日向 at 23:23| Comment(2) | TrackBack(0) | To Do | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マクドナルド、24時間営業&セットMENU値上げ構想…

外出中、ちょっとお腹が空いた
大して時間をかけず食べたい
こんな時に利用するのがファストフード
吉野家などの牛(豚)丼店
ミスタードーナツ、カレーCoCo壱番屋…
そして、マクドナルド
モスバーガー、ロッテリアなどが売り上げ低迷の中
着実に利益を上げているマクドナルドが
コンビニ対策として24時間営業に踏み切るらしい
それに伴い、市場の流れに反するセットMENUの値上げ
はたして、この作戦は吉と出るのか?

そもそも、みんなはマクドを利用する際
何を求めているのだろう?
僕は何よりもまず安さだと考えてます
100円マック(その昔は平日半額)
学食よりも安くランチを済ませられる利点
次にスピード
ファミレスだと結構待たされるけど
吉野家やマクドでは待ち時間はカナリ短い
しかし、テーマパークや大型モールの中だと
時間によっては行列ができ、長所が消えることも

すぐに浮かぶ長所はこの2つ
この中に大切なファクタ、「美味しい」はありません
確かに安価で肉っぽいものが食べたい時には
ハンバーガはリーズナブルですが
味で見ればマクドは同業他社に勝ってるとは思えません
(コストパフォーマンスはいいのかもしれないけど)
そう考えると、やはり強みは「安さ」なのだと思う
それを、どうしてここに来て値上げに出るのだろう
「味はモス、安さはマクド」がある意味、常識化してるのに
値上げして味で勝負するつもりなら
失敗する可能性が大きそう
味で勝負する相手はモスではなく
深夜帯の商売敵・コンビニってことなのかな?
でも、それだったら味よりも種類で勝負の方が
賞賛が高いような気もするけど…

と、ここまで書いてきたけど
最近、マクド食べてないなぁ
食べるとしたらチーズバーガか月見バーガくらいだし…
posted by 葵日向 at 13:59| Comment(4) | TrackBack(2) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

SONATA ARCTICA〜The End Of This Chapter〜

帰宅途中、ふらふらとCDショップに立ち寄ってみると
ソナタアークティカのベストアルバムがあるじゃないですか!
価格は3200円、手持ちは5000円少々
しばし逡巡したけど、CDを持ってレジへ(毎度あり♪)
でも気になったのは裏面の収録曲リスト
...Of Silence
Weballergy
8th Commandment
FullMoon
Ain't Your Fairytale
UnOpened
Abandoned,Plesed,Brainwashed,Exploited
Don't Say a Word(Single Version)
Victoria's Secrel
Black File
My Land
Black Sheep
Wolf & Raven
San Sebastian(Original Version)
The Cage
The End of This Chapter
*Draw Me(Instrumental Version)
*bonus track
あれ?一番好きなblank fileがない?
あるのはblack fileっていう曲
少し不安だったけど歌詞カードを見ると
blank fileってなってましたw
なんだろ、印刷ミス?

内容は「さすがソナタ!」って感じ
聴いたことない曲多いけど
(アルバム1枚しか持ってないし)
どの曲も最高、ハズレないですね♪
へビィローテーション間違い無しです
posted by 葵日向 at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

偏頭痛…

週末に酷い偏頭痛だったけど
今日も朝から偏頭痛
短いスパンで起きるのは初めて
結局、現時点まで軽度の偏頭痛が継続中
さらには、めったに酔わないのに
電車酔いも併発したし…

偏頭痛の嫌な所は
反応が鈍ることと、思考力の低下
特に文章を考えるのが億劫になります

なんか下を向くとゲル状のものが
頭の中を動いていく感じで
痛みが一時的に移動&和らぐんだけど…
それと、痛みと呼吸に関係性があるみたいで
息を吐くときに特に痛いみたい
痛くなるのは決まって左のこめかみ
それから、前頭部にかけて広がり
後頭部に突き抜ける痛みになると耐えられない

原因&治療法があったら教えて欲しいです
posted by 葵日向 at 02:10| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記・近況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

RedStone日記Vol.2〜vsエンティング〜

伐木場に「苗木を取り戻せ」クエストをしに行きました
ドロップ悪すぎて1つも拾えない…
そんな時、噂に聞いたエンティング出現!
僕の最高スキル、ライトニングワインダーLv15
(600ダメージくらい)を食らっても
HPメータ微動だにしないタフさ
攻撃もクリティカル率高くて快復に手いっぱい
それでも少しずつ削っていき…

エンティング討伐後

周辺に出没するトランクマン20体分のEXPかぁ
でも、割に合わないなぁ…
posted by 葵日向 at 23:45| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

戦う時とは…

“You better learn there's times to fight
 and times not to fight.”
“You mean like only when you can win.”
“No, I mean only like when you just
 don't have any choice.”
「今戦うべき時か、そうじゃないか、それを学ぶだろう」
「それって勝てる戦いしかしないってこと?」
「そうじゃない、戦う時っていうのは他に選択肢が無い時だ 」

ナイトライダー(Good Day at White Rock)から

戦うのは他に“手”が無い時の最終手段
話し合いで解決するなら、身を退くことも厭わない
それが大人の対応だろう
最初から力を行使し、物事を進めるのは
子供の手段だ
posted by 葵日向 at 20:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

箇条書きにして過剰書きを防ぐ試み(失敗)…

【花粉症】
薬を飲むのを忘れた
鼻づまりからの酸欠で思考能力低下

【小説】
ブギーポップ・イントレランス オルフェの方舟
殺すだけのぼくは、
とても不寛容<イントレランス>で――
燃える世界か?
凍える未来か?
容赦なきブギーポップが下した裁きとは――

【ナイトライダー】
SUPER CHANNELでの放映が始まった
声優名鑑で野島昭生(K.I.T.T.)さんが登場
放映されたのはGood Day at White Rock
OPナレーションが聴いたことない人で爆笑

【就職活動】
1社いよいよ最終面接らしい
選考というがこちらも選んでいる
条件はイーヴン
志望度が高い企業に選ばれなかったら
それはその程度の企業(見る眼がない)と
判断すべきだろう(それだけの自信はある)

【WEBデザイン】
デザインは集団思考
だとすれば個人運営のWEBサイトは
WEBデザインではなくてWEBアートか?
閲覧者のことを考え構築する場合は?
しかし、決定権は管理人に委ねられているので
やはりデザインよりもアート寄りだろうか?

【NEWTON】
久しぶりに読んだら面白い記事が多かった
しかし、メモってないので次回、書こう

【スケジュール】
ゼミを開く際に各人の予定を合わせ日程を決める
しかし、最近は直前になり「遅れる」「出れない」という人が多い
予定とは未定であり、破られることが多いとは認識している
しかし、「時は金なり」という格言を考え直す必要があるだろう
時間泥棒は最大級の犯罪ではないだろうか?

【カリフォルニアコーン】
大須のとある店でテイクアウトでした
価格は100円(クレープは250円)
味はカスタードと生クリームの2種類
コストパフォーマンスに優れている

【試み】
いくつか企画中のものがある
・小説(たまに書きたくなる)
・ドット絵(GIFアニメにしたい)
・クロスワード(F-1物を考え中)

【成分解析】
バトンブームを彷彿させる
(すでに下火の雰囲気あり)
乗り遅れたので別の切り口でなら
記事をあげる可能性もある

【折りたたみ自転車】
通学中に自宅〜駅間で使用
折りたたんだことは1度しかない
一定速度以上で曲がると後輪が滑る

【言葉】
言葉は生き物、変遷していく
しかし、企業説明会では辞書的な日本語を使用して欲しい
シュミレーションや重複(じゅうふく)とかはなぁ
解っていて使ってるならいいんだけど…

【桜山商店街】
経済学部と合同で桜山商店街活性化プロジェクトを行う
(下地はすでに経済学部の某研究室が作ってある)
今後、このような学部を超えた企画が増えるだろう
しかし、その際大きなものだと市・県の援助が必要だが
(特にうちは市立大学なので)
行政の腰の重さを改善する必要があるだろう
(企画提案してからGoサインが出るまで半年かかる)
関係者の切実な声がないと行政は動きづらいらしい
勝手に動いて余計なお世話、税金の無駄遣い
と揶揄されるのを恐れているのだろう

【批判】
批判するのは非常に容易い
なぜなら弱点の無いものなど皆無だからだ
よって、誰でも批判することはできるだろう
その際、問題となるのは批判し返されること
批判する側により大きな弱点があると辛い
その場合、影から批判するのが有効だろう
BLOGなど、その条件にピッタリではないか
posted by 葵日向 at 10:42| Comment(3) | TrackBack(0) | 分類不能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

予定…

久しぶりに気分の波が底辺に辿りつきました
快復までに要する時間は未定
1週間か1ヶ月か1年か
それとも1日かもしれません
とにかく、そういうわけで更新が止まる予定
posted by 葵日向 at 01:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・近況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

TVに求めるマナー…

TVのNEWSというかTOPICで
アダルトゲームと性犯罪について
みたいなのをやってました
偶然、眼に入ったので感想を…

どうもTVのこの手のNEWSは
先に結論を出してから、それに合った情報を持ってくる
という手法をとっているように感じます
今回はアダルトゲームの登場人物が18才以下で
このことから近年よく(?)見られる
少女への性犯罪を助長してるのではないか?とのこと
確かにいくつかの性犯罪者が
アダルトゲーム(18才未満のキャラ登場)をしてたみたいですが
だからと言って、アダルトゲーム→性犯罪助長は
少々、強引過ぎるのではと思います
具体的な数字も明示されていませんでしたし
性犯罪者の中にはアダルトゲームをしてない人もいるだろうし
アダルトゲームをしている人の何%が性犯罪に手を染めたのか

それよりも、このTOPICを製作するに当たって
女性記者をゲーム店や実際にゲームを見せたりしてましたが
反応は予想通り「キモイ」とのこと
つまり、アダルトゲームはキモイ、性犯罪者はキモイ
と言いたいのだと思いました
僕はアダルトゲーム、性犯罪者を決して肯定はしませんが
だからと言ってこのような酷い言葉は使いたくないなぁ
おそらく、強い否定のイメージを植えつけることによって
利用者、犯罪を抑えようという考えなのでしょうが…

先にも述べましたが、結論を出してから情報を集める
こうすれば、さもそれが原因であるかのような
証拠を提示することが可能です
例えば、「モータスポーツFANと速度違反者の関連性」
「格闘技FANと暴行事件の関連性」
これを結論と決めつけて情報を集めれば
それなりに関連性がありそうな情報が集まるでしょう
だからと言って、「これが原因だ」と言えるかといえば
そうじゃないと思います

僕はどうもTVのNEWSにあまり良い印象を持っていないらしい
NEWSが嫌いというわけではありません
新聞やラジオのNEWSなら見たい聴きたいとは思いますし…
なぜかよく考えた所、TVは発信する情報が多すぎるのでは
という考えに至りました
例えば、今回のTOPIC
新聞やラジオでは、女性記者が…という所はカットされ
警察が提示したデータと著者の考えだけが述べられるはず
これはTVに比べ、発信できる情報量が少ないから
しかし、TVは音声と映像を送ることができます
ただ単にデータを伝えるだけでは尺が余ってしまいます
それ以前に、視聴者の興味を惹かないといけません
そこで、店内の映像をモザイクで映したりしてました

僕がTVのNEWSに比較的、否定的な意見を持っていると
両親は「それこそ決めつけてかかってないか?」と言います
常識に縛られないように一度疑ってみてみる
その考えこそ、逆に決めつけてしまっているのでは?
確かにそうかもしれません
試しに肯定的に考えて見ましょう
今回のTOPICだと、アダルトゲームは有害で性犯罪を助長する
アダルトゲーム、性犯罪はキモイ
常識的には受け入れられるかもしれません
しかし、どうもやはり収まりがよくありません
マイナスのイメージを結論にするのが好きじゃないんだと思う
どうせマイナスの結論になるのならば感情面に訴えるのではなく
データで無機的に提示して欲しい気持ちがあると自己分析しました

それが強大な力を持ったマスコミ・TVの
最低限のマナーであるのではと思います
posted by 葵日向 at 20:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 思考・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

誰のためのBLOGか…

忘却防止。さんの
エントリをアップすることそのものが目的になっていないか、
一歩立ち止まってみよう
を読んで考えたこと…

自称評論家になってないか?

検索して調べた内容を切り貼りして
「何かについて語った」と思い込んでないか
自分の考えをちゃんと持っているか

これに関しては概ね大丈夫だと言えると思います
知らないことが多いのは自覚してるから
文末を「と思う」「と考える」「であろう」
などにしてるのはその表れ

内容よりも読んだ履歴を気にするか

何かを読んでそこから何を得たか、考えたかよりも
読んだ内容の数を誇っていないか

これもおそらく大丈夫だと言えるはず
そもそも、触れる記事が偏ってることからも
数ではなく理解度、興味が重点であると解るはず
たまに箇条書きのような数重視の物もあるけど
その場合、MEMOとしての役割がほとんどだし…

BLOGは自分のために書く

ウケ狙いで他人に合わせて、話題の記事を書くのではなく
自分の書きたいことを書くべき、原点回帰

んー、これはいろいろな考え方があると思う
そもそも、当初の目的がアクセス至上主義だった場合
単にエントリを上げることでも「自分のため」と言えるし…
僕がBLOGを書く理由は、当初は日記で書いてたような
格式ばったものではなく、もっと肩の力を抜いた
自分勝手なエントリを書く殴ることが目的でした
(思考・雑記カテゴリみたいなキツイいい方が好き)
しかし、F-1ブロガーの方々と知り合い
読んでくださる人を想定したものも書くようになったかも
それでも、これは「自分のための」BLOGなんです
なぜなら、「読んでくださる人が愉しんでくれるように」
という自分の気持ちをしっかり持ったBLOGですから♪
そう考えると、真に自分のためじゃないBLOGなんて
ホントにあるのかなぁ?
posted by 葵日向 at 07:35| Comment(6) | TrackBack(0) | 思考・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

続・BlogPet漫才…

久しぶりにBlogPet漫才を公開しますw
コンビはセナと★お姉さんの素敵な時間★のTaka-pyon君

失踪
【BlogPet漫才に続く】
タグ:BlogPet
posted by 葵日向 at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・近況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

赤本の価格…

弟がBOOK ○FFに赤本を売ってきた
1冊50円×8で400円だったらしい
ちなみに定価は2000円前後で
BOOK ○FFでの売値は900円
……何かがおかしいと感じました
(Yahooオークションだと500円程からですね)
posted by 葵日向 at 12:56| Comment(3) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月08日

羊をかぶった猫…

羊猫
僕は布団に包まるのが好きです
ふわふわで気持ちいい♪
きっと羊をかぶると
スゴク気持ちいいだろうなぁ…
posted by 葵日向 at 15:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 創作物(イメージ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月07日

プロ野球の人気低迷について…

6時のNEWS番組が終わり
「この後すぐ、プロ野球生中継」とのこと
しかし、妙に頑張ったOPアニメのみで
その後はCMが延々と流されました
番組が始まった時にはすでに5回
「1球も見逃せませんね」とアナウンサー
しかし、再びCMタイム
そして、番組が再開したと思ったら
今度は解説・実況陣の紹介
(すでに名前の読み上げは終わっていたけど
ご丁寧に今度は映像までつけてくれました)
半イニング攻撃を放送後、再びCM
よく解らない10・8の伝説とか
過去の映像をチラッと放送後、再びCM
放送再開後、始球式のリプレイと
今夜の番組宣伝(始球式をした人が出演)
この間にも試合は進んでおり実況なし

これじゃぁ野球を見てるのか
CMを見てるのかよく解りませんね
OPアニメとか僕は映像に興味あるからいいけど
純粋に野球を見たい人にとっては
ウザイだけの何物でもないような…
番組製作者は何を意図して編集してるんだろう?
(これはF-1地上波などにも言えますね)
posted by 葵日向 at 19:32| Comment(4) | TrackBack(0) | エンターテインメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

直リンはなぜ好まれないのか…

サイトのインデックス(TOPページ)ではなく
それ以下のページ、もしくはファイルに
直接LINKを貼る事を「直リン」と呼びます
個人・企業サイトを問わず
直リンを禁止する注意書きをしている所が
結構存在します
なぜ、直リンを望まないのでしょう

1つの記事しか読まれないのがイヤ
TOPにある最新の記事を読んで欲しい
TOPにしかカウンタがないのでアクセス数が減る
裏口から入られ情報だけ抜き取られた気がする
すぐに思いつくのはこんな所でしょうか

まず、1番目に対して
自信のあるオススメ記事をサイドバーを作るなりして
全ページに配置したらどうでしょう?
それでも読まれないのであればタイトルを練り直すなど
魅力溢れるようにすればきっと読んでもらえるはずです
次に、2番目
これも1番目と同様で、最新記事へのLINKを
各ページに用意すれば良いでしょう
それから、3番目
ただ情報を求めてやってきた人にとって
カウンタなんてあまり興味はありません
アクセス数をカウントしたいのならば
アクセス解析ツールを全ページに埋め込みましょう
そして、4番目
インターネットは知識・情報を交換・共有する目的で
作られたものです
まず重要視されるのは、知識・情報の交換・共有
この1点です
「誰が発信者であるか」は二の次です
もし、「自分が」発信したということを
強く主張したいのであれば
記事ごとにしっかりと署名をすることでしょう

直リンをされるとことは、引用されたということです
さらにいうならば「このページは価値がある」と
引用主に認められたということで、むしろ喜ぶこと
「よくも直リンしたな!」と怒ることではありません

直リン禁止のサイトは、TOPページへのLINKを推奨しますが
引用として直接、該当記事にLINKをしたい場合
その該当ページがサイトの深い階層にあったり
TOPページに検索機能がなく見つけにくいと
直リンをしないと引用として成り立たなくなります
それでなくても、クリック数は減らしたいもの
直リンをされるとなぜイヤなのか
それを深く自問すれば、直リンを禁止しなくとも
改善することが可能ではないでしょうか
BLOGのトラックバック機能は
それをよく知っている素晴らしい機能だと思います

大切なのは発信者ではなく、情報です
とはいえ、提供された情報群から
発信者に興味がシフトしていく場合もあります
自分の欲する情報を多く提供してくれる発信者
そこから推測される嗜好の共通性、人格
しかし、最初から発信者目当てであることは
発信者がよほどの有名人でもない限りありえません

企業にしても同じことです
「○○新聞社の記事だから」ではなく
たまたま、その記事が有益で適していたから

WEB(網)なんだから一方通行はやめましょう
posted by 葵日向 at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

世の中捨てたものじゃない!…

昨日と今日の日記…

昨日は就活でまたまた東京に行ってきました
そして、やはり今回も雨
「この区域は禁煙」という標識があり
「街中で禁煙指定区域とはさすが東京」
と思いましたが
なぜか禁煙指定区域の歩道に吸殻が…
わざわざ運転席の窓から腕を出して
ポイ捨てする人もいるし…
就活で知り合った他大学の子と話した時
その子もタバコを吸ってたけど
(火をつける前に一言聞くのがマナーとは思うが)
ちゃんと後始末をしてました(それが普通)
一体、喫煙者の何パーセントが
一般マナーすら守れていないのでしょうか?
(守れないのならば規制されても仕方ありません)

今日は大学のガイダンスのため登校
メールで10時と聞いていたので9時50分には到着
しかし、10時から始まるのは新2年生のガイダンス
新4年生のガイダンスは15時からでした…
5時間は長いです、帰るのも癪だし(往復2時間)
まずは図書館で本を借りることにしました
INTERNET magazineが5月号で休刊なのは寂しいな
そして、Nドーム前のスーパーで
少々早いランチを摂ることに…
それから、Nドーム前にできたイオンへ向かいましたが
この時すでに!
あおいさんは大変な過ちを犯していたことを
気づいていませんでした…

Nドーム前イオンはオープン仕立てということで
大変な賑わいです(野球の関係もあるのだろうけど)
人の多いところは好きではないけど
5時間潰すには最適の場所かも?
ただ、1つ気にいらないのは3回までの吹き抜け
高所恐怖症の僕にとっては必要のないものです
というか、有害以外の何物でもありません
MIRAIYA SHOTENという書店で読書タイム
椅子があるのが素晴らしいです
それからHMVで視聴したり夢想したりw
(お金がキツイので見るだけ)
クリスタル・マイヤーズというアーティストが
スゴク気になりました(どんな歌を歌うんだろう)
それからヴィレッジヴァンガードに立ち寄って
その後もいろいろフラフラして3時間半過ごしました

残り1時間半…
仕方ないので池下のBOOK OFFで立ち読みすることに…
相変わらず駐輪場は酷い有様
そこら中に自転車が溢れ、見直しをした方がいいと思う
(利用者の見積もりとスペース確保が違いすぎ)
さよなら絶望先生を読みました

ガイダンス終了後、新1年生歓迎会の費用を出そうとしたら
財布が無いっ!
バッグの中、上着のポケット
くまなく探しましたがありません
他人の日記などで「財布を落とした」など
見かけることがありますが
あれがネタとして笑えるのは
その後、見つかったからでしょう
現在進行形で財布を落としている僕は
どーしよっ?
しかアタマにありませんでした
財布を出した場面は2回しかありません
図書館で本を借りたとき、ランチの際の会計時
事後関係から会計後落としたと推測
すぐにスーパーに向かいました
しかし、財布の届出はないとのこと
こうなると範囲は一気に広がります
イオンまでの道のり、イオン内…
とりあえずイオンでも聞いてみました
しかし、結果は同じで見つかりません
財布の中にはカードも免許も定期券も入ってる…
このままでは帰宅することもできないし
カードをスキミングされたらおしまいです

BOOK OFFに行く前に交番へ向かいました
「財布の届出ってありませんでしたか?」
「お名前は?」「○△□☆です」「ありましたよ」
?!
お礼も名前もいいとおっしゃった気さくな方
なんと届けてくれたのは小学生らしいです
わざわざイオン前の歩道から…
ホントにありがとう!!
彼(彼女?)のような子供がいる限り
N市の、日本の、地球の未来は明るいでしょう

今日の深夜2時半から.hackシリーズ最新作
.hack//Rootsが放映されます
HDDに録画しとかなくちゃ♪
posted by 葵日向 at 21:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・近況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

テレビは何を恐れているのだろう?…

技術が発達し、時代は移り変わる
一時は隆盛を極めたものも
やがて廃れ後続に道を譲る
それはメディアの世界にも当てはまります

日本の場合、新聞(1861年)が刊行され
次に、ラジオ(1925年)が放送され
そして、テレビ(1953年)が放送されました

最初は静的なメディアでした
紙に印刷された文字と絵(写真)による新聞
次に登場したラジオは音を伝えました
そして、そこに映像を加えたものがテレビ
技術の向上により、白黒はカラーに
ラジオ電波に映像も乗せれるようになりました

そして、第4のメディア
インターネット(1986年)の登場
このメディアは双方向性を当初から持ち
メディアは新しい時代に突入しました
ラジオ、テレビのディジタル化も始まりました

前置きはこの辺で…

新聞がラジオに、ラジオがテレビに
それぞれNo.1の座を譲っていきました
(現在ではラジオよりも新聞の方が利用度が高いですが)
インターネットの普及でテレビもその座を譲るのか?
しかし、どうもテレビは頑固な気がします

新聞にはテレビ・ラジオ番組欄があります
ラジオではテレビドラマを話の種にすることもあります
新聞・ラジオともにテレビという他メディアを受け入れ
どのように利用すれば効果的かを考えています
しかし、テレビにはそのような姿勢があまり見られません
テレビNEWSで流れるインターネット関連といえば
最近だとWinnyによる個人情報流出事件など
暗い、インターネットのイメージを下げるものがほとんど
例えば、成分解析ツールが流行中だとか
明るい、面白い話題は多いのになぜ提供しないのか?
テレビでインターネットを題材とした番組を組んでも
なかなか面白いのではと思うのですけど…
(1時間延々とLINKを辿っていく番組とか)

インターネットを目の敵のようにして
一体、テレビは何を恐れているのだろう?
posted by 葵日向 at 23:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 思考・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

書店が生き残るためには…

今日は書店に立ち読み目的で行ってきました
正確には「書店だった所」に行ってきました
シャッタが半分おりていて撤収作業の真っ最中
つまり、潰れていました
これで小さい頃から通っていた地元の書店は全滅
残ったのはスーパーの中の書店とコンビニのみ
潰れた書店の通りをはさんで向かいには
古本屋があるのですが、こちらも影響を受けそう

以前、guwa嬢のくらしのなかにアタマのカタマリ
impreza98殿の大須は萌えているか?
「書店の今後」のような記事がありコメントさせて頂きました
今回、より意見をまとめることができたと思うので
記事にしてみました

impreza98殿も書かれている通り
最近の書店はチェーン店が多く
コンビニ化している印象があります
(詳しくは「書店のコンビニ化」にて)
コンビニ化すると各店ごとの個性が乏しく
立地条件の悪い店は集客が見込めず潰れる恐れがあります
しかし、これはチェーン店以外にも言えることだと思います
例えば、地元にあった「潰れた書店」は
いずれもチェーン店ではありませんでした
敷地面積もそれほど小さいわけでもなく
以前は賑わっていた記憶があります
では、なぜ潰れてしまったのか

ある書店は服や傘などあらゆるものも売り始め
何を売っている所か解らなくなり潰れました
ある書店は本と同じくらいCDやDVDにも力を入れていて
客足はそんなに悪くなかったと思うのに
ある日突然、不動産会社になっていました
そして、ある書店は比較的マイナーな本も扱っていて
固定利用者層を確保していたと思われますが
今年3月末日で営業を終えました

どの書店も一時期は大変賑わっていました
それが段々と全盛期のような集客が見込めなくなり
策を練らなかったり練りすぎたりして
結局、潰れてしまったのだと思います
自分の書店の魅力、長所は何なのか?
今、書店に何が求められているのか?
これを正確に掴んで実現できなかったことが
生き残れなかった原因でしょう

では、(リアルの)書店に求められるものは何か
それは他の書店との差異、個性ではないでしょうか
以前は近いから、そこしかなかったから
利用していた人も多いと思います
しかし、ネットの普及によるamazonの利用度の増加
郊外におけるコンビニの増加によって
中小書店は近い、お手軽というアドバンテージを
失ったことが大きいと考えています
この時、別の魅力を見出せなかった書店が
潰れていってしまったのでしょう

具体的に生き残るために敵を知ることにします
まずはオンライン書店から

オンライン書店の長所と短所は何か
長所は端末さえあれば
どこからでも発注ができることと検索の容易さ
また、amazonの特徴であるレコメンド機能
短所は一度に多くの書籍を見ることができない
(衝動買いがしにくい)

これらをふまえてリアルの書店を見て行くと
地理的条件に関わらず注文、検索ができる点は
オンライン書店に分があります
しかし、それ以上にamazonを支えている
ユーザーによるレコメンド(推薦)機能
これはリアルの書店でも取り入可能できるでしょう
POPなどは発信者が書店側ですが
同様の効果があると思います
読者(購買者)アンケートなんてのを
POPに取り入れてもいいかもしれませんね
(POPはどうしても広告っぽくなりがちだし)

そして、オンライン書店には真似できない
空間における書籍のディスプレイ方法
オンライン書店では購入物の多くが検索結果であり
一部推薦LINKによるものもありますが
衝動買いをしにくいシステムになっています
(BLOGなどに取り上げれ…てのもありますが)
これは本に限らず、CD、DVDにも言えることでしょう
BGMに有線をかけている店が多いですが
かかっている曲は売れるチャンスなのですから
上手く利用して欲しいものです
(以前、かかっている曲を大変気にいり
店員に質問しましたが「解らない」と一蹴され
ガッカリしたことがあります)

そして、上記と似た内容になりますが
店員の質の向上
「潰れた書店」の1つにバイト希望を出したことがありますが
「雇うのは女性だけ」と門前払いされたことがあります
事実、その書店は店長以外は皆女性でした
以前、マイナーな本を注文したことがあります
そこでは予約は発売後しか受け付けないとか
(それって取り寄せじゃ?)いろいろおかしな書店でしたが
他では売ってない本を置いていることもあり利用していました
(一度注文することにより、その後同種の本を置いてくれる
ことを願ってのアプローチです)
しかし注文の際、店員は聞き返してばかり
メジャーでないとはいえ、そこまで無名ではないのに…
(N市の大型書店ではちゃんとPOPもついてたし)
結局、その後そこで本を買うことは少なくなりました
本に関心の薄い人をバイトとして雇うことは
リアルの書店の大きな長所ともいえる「店員」を
短所にしかねないと思います
逆に、ある分野に詳しい店員がいて
それを有効に活かせれば書店には長所となるでしょう
(例えば、guwa嬢の書店ではF-1関連の本を
大きく取り扱ってみるとかw)
ベストセラーだけ売っていればいいという考え方では
客をオンライン書店、コンビニに取られてしまうでしょう

コンビニに関していえば
長所はチェーン店としての統一性と遍在性
短所はスペースの絶対的な狭さでしょう
置けるものはせいぜいコミックスとベストセラー
その量も平積みにできるほどではありません

リアルの書店は、もちろんベストセラーを
無視することはできませんが(売れるし)
むしろそれ以外の売れていない本を
どのようにプレゼンテーションして売っていくか
自分たちがブームを作る!
くらいの心構えが必要となるでしょう
時代に流されて売れているから置いて売っている
というのでは、そのうちついていけなくなるでしょう
posted by 葵日向 at 16:23| Comment(6) | TrackBack(0) | 思考・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。