2008年03月01日

気にしすぎる性質…

3月になりましたね。皆様いかがお過ごしでしょうか。
僕は最近連続で電車とホームの間の隙間に落ちまくってます。

ああいうのって気にすれば気にするほど落ちますよね。
てか、ホームとの隙間が広すぎな気がします。もっと寄せて。
今回は落ちないようにと勢いをつけようとすると後ろから押されたり。
危ないんじゃよ。みんなもっとのんびり行こうよ。せわしないよ。

階段も怖いですね。なんか違和感を感じると大抵踏み外します。
なんていうのかな。歩幅が合ってないような。そういう違和感。
一応念のため手すりを持つから、足がずるってなるだけなんだけど。

高所恐怖症は相変わらずです。最近は逆高所恐怖症も発症しました。
クレーンの下とか、何か落ちてくるんじゃないかと不安で仕方ない。
杞憂だってことは分かるんだけど、怖いから別の道を選んだり。
高所恐怖症は心理療法(?)で治るって聞いたけど、まだ試してない。
治るんだったら治したいな。歩道橋を遠回りするのはめんどいし。
たぶん原因は気にしすぎなんだと思う。「もし落ちたら」とか想像しちゃうし。
だからものすごく高いとあまり怖くない。「落ちたら痛そうだな」という高さが怖い。

カメラというかレンズ恐怖症もあるんだけど、それも原因は同じかな。
レンズを気にしすぎているのかもしれない。眩暈がして呼吸困難になる。
気にしなければ特に大丈夫なんだけど。駅構内の監視カメラとか。
場所が分かっちゃうと駄目だな。目を合わさないように隠れたくなる。
別に意識しなければカメラと目を合わすことなんてほとんど無いんだけど。

僕は基本的に「気にしない性質」のはずなんだけど。大雑把だし。
なんか変なとこで「気にしすぎる性質」なんだよね。なぜだろう。
迷信深い人とか結構「気にしすぎる性質」の人なのかもしれないと思ったり。
他の人は「なんでそんなこと?」と思うことを気にしすぎちゃってるのかも。
逆に占いとかは人に些細なことを気にさせることで成功してるのかな。
posted by 葵日向 at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・近況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/87820012
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。