2008年04月11日

僕は僕でしかないんだから〜文章を書く際の心構えみたいなもの〜

文章は短い方がいい−Prepared Mind
伝えたいことがあるんだ−大須は萌えているか?

伝えたいことをつらつらと書いていると長文になってしまう。
長文になってしまうと読んでくれる人が少なくなってしまう。
だったら、言いたいことを全部は書かず、大意が多くの人に伝わればいいって考え方。

伝えたいことは全部伝えたい。
そのために長文になってしまって、読んでくれる人が少なくなっても構わない。
大切なのは多くの人に読んでもらうことじゃなくて、少数でも深く読んでもらえることって考え方。

僕は、どちらの考え方もありかなあって思います。
というか、どちらか一方を選ぶことはしたくないなあと。
「選ぶ」ってことは自分の中に「ルール」を持つってことでもあって。
ルールに縛られて自由を失うのは、なんか嫌だなあと思うのです。
とか言って、本当はルール通りに振舞い続けるのが億劫なんですけどね。

何かを決めれば「最低」が決まって、それ以上だらけることができなくなります。
でも、何かその「枠」に当てはまらないことをやろうと思ったとき、実行しにくくもあります。
風船みたいに「枠」が柔軟だったらいいんですけどね。

えっと、何が言いたかったんだっけ?
(ルールを決めたら、こういうだらだらした文章も書けなくなっちゃうし)
僕は別に、文章は短くても長くてもなんでも、好きにすればいいんじゃないかなあって思います。
これは多くの人に読んでもらいたいなあって思ったら、いつもより少し文章を短くすればいいし。
これは読んでくれる人だけ読んでもらえればいいなあって思ったら、気の向くまま長文を書けばいいし。

なんか、あんまり文章戦略(?)みたいなの考えたくないんですよね。(面倒だからじゃないですよ?)
もちろん、なるべく読みやすくとかは考えたりするけど。(本当?)
一番根幹にあるのは、僕らしい文章を書くこと。
それだけです。
「なんか面白いこと書いてるな」とか思ってもらえたら、すごく嬉しいし。
「なんだこれ、ちっとも面白くない」って思われたら、またの機会にとしか言えません。
ちょっとは背伸びするけど、背伸びしすぎても疲れるだけだし。
結局、本当の身長が伸びるわけじゃないんだから、あまりしないようにしてます。(また話が逸れた)

てことで、短文でも長文でも好きなように書けばいいじゃん!
てのが、僕の文章に対する考えです。
posted by 葵日向 at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 思考・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。