2008年05月25日

F1モナコGP…

今回の「裏」チャンピオンシップは、非常に感情的な採点となるでしょう。

【「裏」チャンピオンシップ モナコGP】

・A.スーティル:5
・R.バリチェロ:3
・N.ロズベルグ:−1
・L.ハミルトン:−4
・K.ライコネン:−5


スーティルは本当に素晴らしかった。
「ちょい濡れ」状態の路面でのファステスト連発は感動しました。
もしかしたら、表彰台に上れたかもしれない。しかもモナコで。
それをチャンピオン・ライコネンに潰されたから。

バリチェロもドライに向かいつつある路面状態で速かったから。
後ろからラップダウンにしようと迫るハミルトンを逆に引き離したから。

ロズベルグはスタートが良くなかった。
危惧したとおり、アロンソに1コーナで抜かれてしまった。
しかし、タイヤ交換してからはファステストを連発して速さを魅せたから。
最後はミスしてクラッシュをしてしまったので「−1」。

ハミルトンは序盤でウォールにヒットして「しめた!」と思った。
しかしピット戦略でクビサ、マッサの前に出て結果的には優勝だった。
ミスが幸運にも結果に結びついたので、余計に腹立たしく「−4」。

スタート前にタイヤを装着しなかったペナルティ。
フロントウィングを壊したこと。
レースペースのあまりの悪さ。
そしてスーティルへの追突
その後のファステスト。
全てが無性に癇に障ったので「−5」。

【「裏」チャンピオンシップ 通産】

・G.フィジケラ:7
・F.アロンソ:5
・H.コバライネン:5
・A.スーティル:5
・F.マッサ:4
・R.クビサ:3
・T.グロック:3
・R.バリチェロ:2
・N.ロズベルグ:0
・N.ピケJr:−1
・K.ライコネン:−4
・L.ハミルトン:−5


他にも、ウェバーとかクビサとかに点数上げたかったけど、
どうしてもライコネンだけは「−5」にしたかったので外しました。
川井ちゃんや森脇さんの「フォースインディアだから(笑)」もムカついた。

しかも、「スーティルが早めにブレーキを踏んだから追突したかも」だって?
スーティルとライコネンの間にはそれなりのギャップがあったよ。
単独でウォールにぶつかっておけばよいものを、
ふらつきながらスーティルに追突してきたんだよ。

あんな走りでタイトル連覇はして欲しくないな。
ラベル:F-1 2008年
posted by 葵日向 at 23:40| Comment(2) | TrackBack(1) | F-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
もうね、ライコネンはこれ以上酷いレースがあるのかっていうフザケタレースでした。

クビカが勝ったら一番良かったのに。
全般に大きく力負けしているような時間帯も無かったし、
見た目に完全にノーミスだったので。
8位以内で一番大きなミスをしたドライバーが優勝なんて・・・。
Posted by laki at 2008年05月26日 21:43
lakiさん、いらっしゃいまし。

僕もクビサの優勝かなと思ったのですが、
気がついたらハミルトンが前に出てました。
くしくもマッサが言ったとおり「運」のレースでしたね。
Posted by あおい at 2008年05月26日 23:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

F1 Rd.06 モナコGP 決勝 メモと雑感など(ちょっと追記)
Excerpt: 周回数:78 第6戦モナコGP決勝について。
Weblog: Impromptu Detour SE
Tracked: 2008-05-26 21:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。