2008年07月24日

読書という道…

本を読んでいて感じることは、
「本を読むことは、道を走ることに似てる」ということです。


■初めて読む本は、初めて通る道

初めて読む本は、すらすら読めるようになるまで時間がかかります。
文章には流れがあって、それに乗れるとすらすら読めるようになります。
初めて読む本が最初読みづらいのは、文章の流れを見つけるまでに時間がかかるからでしょう。

たくさんの本を読んだ人は、あまり本を読まない人よりも、この「文章の流れ」を見つける力が養われています。
だから、ますます多くの本を読めるようになるんじゃないのかなあと思います。

一方で、「文章の流れ」をなかなか見つけられない人は、
方向音痴の人のように、常に手探りで読み進めなければならず、
読書に対して抵抗感があるのかもしれません。


■シリーズ作品は高速道路

僕は本を読むのが好きなので、電車の中ではたいてい本を読んでいますが、
たまに、「今日は新しい本を読むのは少々つらいな」と感じることがあります。
それは、「文章の流れ」を見つけることに、多少のエネルギーを必要とするからでしょう。
心身ともに疲れているときは、もっと簡単に読める本を求めます。

そういうときに僕が選ぶ本は、シリーズ作品です。
シリーズ作品の2冊目以降は、読み始める際に「文章の流れ」を探すエネルギーがずっと少なくてすみます。
シリーズ作品は、言ってみれば高速道路のように一続きの道であり、
各巻の区切りは、料金所のようなものに過ぎません。
1度シリーズ作品の「流れ」に乗れてしまえば、よほどのことがない限り最後まですらすらと読めてしまうでしょう。


■同じ著者の作品は、連結のスムーズな大通り

さて、先ほど「シリーズ作品は高速道路」と例えましたが、
とすると、同じ著者の作品は「連結のスムーズな大通り」かもしれません。

シリーズ作品に比べると、各作品で「文章の流れ」は分断されていますが、
他著者の作品と比較すると、その根底にある「施工方法」等は共通しています。
よって、各作品を続けて読んだ際に、スムーズに読みつなげることができます。


■おまけ・速読について

「本を読むということを、道を走ること」に例えて考えてみましたが、
最後に、速読について考えてみましょう。

「速読=本を速く読むこと」を考えると、「速読=スピード違反」と思ってしまいますが、
「速読=文章の流れを効率的に見極める」と考えると、「速読=抜け道・近道」なのでしょう。

景色をじっくりと眺めたい小説などは速読したくありませんが、
目的地に着くことが重要な読書においては、速読は効果的だと思います。
posted by 葵日向 at 22:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 思考・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

質問文に対し、質問で答えるとテスト0点です…

質問を質問で返すと怒られます、普通は。
しかし、そんな「普通」が通用しない世界があります。
それは「営業電話」です。
 僕:「はい、○○○○です」
営業:「あのー、××さまはお見えでしょうか?」
 僕:「申し訳ありませんが、どちらさまでしょうか?」
営業:「××さまは、本日ご不在でしょうか?」
 僕:「あの、どのようなご用件でしょうか?」
営業:「××さまは、いらっしゃいませんか?」
 僕:「××は終日外出中ですが、どのようなご用件でしょうか?」
営業:「あ、ご不在ですか。では、また後日かけなおします」
最初に、質問文に対して質問を返したのは、僕ですが……。
しかし、名前と用件をいただかないと繋げられない電話もあるので、
そう考えると、質問を質問で返しているのは営業さんだと思います。

こちらの質問には一切答えていただけないので、
仕方なく「終日外出中」という単語(※)で様子を見ると、
自分の仕事は終えたとでもいうように、一方的に通話が切れます。
あとに残るのは、どうも釈然としない気持ち。
(※)営業を撃退する魔法の言葉。隣に座っていても「終日外出中」

質問を質問で返すと、
場合によってはひどい惨劇に巻きこまれるかもしれません。

【例1】K良吉影とM那子の場合
K:「わたしはK良吉影。君の名を聞かせてもらえないか?」

          ---中略---

K:「君の『名前』は?と聞いたんだがね…………
   わたしは名乗ってみせたんだ……
   聞かせてくれてもいいんじゃあないか?」
M:「ハウハウ。
   か…彼。
   あたしの彼を…いったい?」
K:「質問を質問で返すなあーっ!!
   わたしが『名前』はと聞いているんだッ!

   疑問文には疑問文で答えると、学校で教えているのか?
【例1】Mウンテン・ティムとOエコモバ
M:「オレの知り合いか?
   おや!全然違ったあああ。
   だが、なぜ他人の部屋に入り、荷物へ手をかける?」
O:「Gイロ・ツペリを探してる。どこにいる?」
M:「おっと、会話が成り立たないアホがひとり登場〜〜〜。
   質問文に対し質問で答えるとテスト0点なの知ってたか?
   マヌケ」
どちらの例も、関係者が過剰に熱くなり、
最終的には、なぞの爆発に巻き込まれ、死傷する事態になりました。

質問を質問で返されることは、
自分の話をちゃんと聞いてもらえないことであり、
自分の話を聞いてもらえないということは、結構なストレスです。
ストレスがたまれば、いずれ破裂し、いらぬ衝突を引き起こします。
もしかしたら、なぞの爆発が発生し死傷者が出るかもしれません。

そうならないように、
質問にはきちんと答えるよう、心がけることが最低限のマナーでしょう。
posted by 葵日向 at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月13日

更新が滞っていますが…

またしても更新が滞っています。
どうも、すみません。


時間ねぇー

けど

やる気はあるぞー


現在は、主にtwitterでちまちま呟いています。

AoiHinata
http://twitter.com/AoiHinata

あ、あと「読書メーター」ってのも始めました。

AoiHinata(小説とか文章系)
http://book.akahoshitakuya.com/u/4632

葵日向(マンガ系)
http://book.akahoshitakuya.com/u/4635

他のものに手を出さしてないで、
ブログを更新しなさい!と思うんですけど、
どうも、更新しづらいです。

そのうち。
そのうち更新しますのでー。
どうぞ、見捨てないでやってください。
よろしくお願いいたします。
posted by 葵日向 at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・近況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

七夕しゃぼん…

七夕しゃぼん1

ささのは さらさら




七夕しゃぼん2

やねまで とんだ
やねまで とんで




七夕しゃぼん3

こわれて きえた




なぜか七夕の歌を歌うと、
途中からしゃぼん玉の歌になってしまいます。

今年も過去の七夕イラストにアクセスがあって、
とても嬉しいです。ありがとうございます。

七夕パンダ…
七夕かぐや…

今年の願いごとは、
「心身ともに健康でありますように」
「みんなと遊ぶ時間が持てますように」
の2本立てです。

最近、仕事が忙しくて身体に疲れがたまっています。
さらに遊びに割ける時間が減ったことで、精神的にも少しハード。
また、友達と遊ぶスケジュールを立てても、
みんな忙しくて都合がつかないことが多くなりました。

仕事は嫌いじゃないけど、やっぱり楽しいことをいっぱいしたいです。
僕にとっての楽しいことは、みんなとわいわい喋ることだから。
そういう時間を、少しでも多く持てるようになると嬉しいです。
posted by 葵日向 at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作物(イメージ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

F1フランスGP…

【「裏」チャンピオンシップ フランスGP】

【注意】決勝のレース結果を含みます
【それでも見る→】
タグ:2008年 F-1
posted by 葵日向 at 23:41| Comment(5) | TrackBack(4) | F-1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャンクSPORTS視聴中…

ジャンクSPORTSを見てます。
スポーツ好きの芸能人大集合SPらしいけど、
なんでF1好きの堂本光一を呼ばないんだろう。
今夜フランスGP決勝だよ。
フジテレビは何を考えてるのかな。
posted by 葵日向 at 20:17| Comment(3) | TrackBack(2) | 呟き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月17日

あなたの文章、旬の話題ですか。 それとも、オールシーズンの話題ですか…

無駄に長いタイトルですが……。

ウェブ上の文章を読んでいると、「旬」の話題を取り扱ったものが多いなあと感じます。
はてなブックマークなどは、同じテーマの文章が並ぶことも珍しくありません。

「流行=旬」であり、旬のものを扱う場合は「新鮮」であることが大切です。
つまり、できるだけ早く書き上げて公開することで、
より多くの人に読んで(召し上がって)いただけるのだと思います。
(わざと旬をはずすことで、完熟した話題を用いるという手法もありますが)

新鮮な文章はどんな風に調理しても、たいてい美味しいものです。
必要最低限の編集をして、刺身としていただくも良し。
きっちり手間隙をかけて、豪華に盛付けていただくのも良いでしょう。

一方で、旬ではないテーマを扱った文章も少なくありません。
旬ではないテーマを扱う利点は、他店と文章がかぶりにくいことが挙げられるでしょう。
しかし、旬ではないため人目に付きづらく、爆発的な売上は望みにくいかもしれません。
(もし話題となった場合は、その文章自体が「旬」になっています)

旬の話題を逃さないように、常に網を張り巡らせているか、
もしくは、ふと目に付いた話題を好きなように調理するか。

僕は後者の手法を選ぶことが多いのですが、
(張っている網が小さいことと、網にかかった話題に気づくのが遅いため)
1番良いのは、そのときの状況によって書き方を使い分けられることだと思います。
(なんだか当たり前の結論になっちゃったなあ)


僕が、旬の話題を使った文章をあまり書かないのは、
ほかの人が書いた文章の方が美味しいと思うことが多いから、
ということもあるのかもしれません。
わざわざ、僕が書く必要もないなあとか。

あとは単純に、あえて旬以外の話題を使いたいなあという、
天邪鬼な性格のせいかなと思ったり。


【参考URL】

旬−Wikipedia
旬−語源由来辞典
流行−Wikipedia
流行−語源由来辞典
流行とは
posted by 葵日向 at 23:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 思考・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。